Resting room
2016
職場にあった “自動販売機のある休憩所” を思い出して書いたドローイング、栄養ドリンク、レーザープ リンターなど

“2016年7月10日の参議院選挙をきっかけに開催された展覧会にあわせ、〝かつて 職場にあった “自動販売機のある休憩所” を思い出して書いたドローイング〟と、候補者の情報をパッケージに当てはめた栄養ドリンクを制作した。
仕事の合間や休憩時間、帰宅前に自販機の前に立ち、自身の状態や欲求とその自販機で購入できるドリンクを比べ、その中で最適なものを購入する。例えば、とても疲れた体で、数分後に は仕事に戻る必要がありその後、数時間働く必要がある。そして、目の前で売っている栄養ドリンクを飲むと元気になる(かもしれない)。
会社から出て、数分歩けばコンビニエンスストアや飲食店はある。が、野外に移動せずに購入 できるメリットは魅力的だった。

選挙では、その時手に届く、もしくは目に入る情報。それを頼りに目の前に 現れた選択肢の中で、その時好ましいと感じる結果を導きそうな選択肢を選ぶ。

吉原啓太〟