home theater
2013
インスタレーション

約2ヶ月の滞在期間に行った、作家自身の生活や制作自体のドキュメントから、新たな空間を構築。

展示空間は緩やかにいくつかのスペースに分割した。
最終的なドキュメント映像をランダム再生するシアタースペース、隣にあったお寺から借りてきた仏具を利用した音響スペース、そして吉原自身が睡眠をとるためのテントスペース、その左右には、ミミズ飼育のための水槽、自転車に固定したビデオカメラで近辺の地面を移動しながら撮影した動画。